YELL COFFEE

社会貢献できるドリップコーヒー

YELL コーヒー導入で障がい者の自立支援をしませんか?

そのアクションは社員の社会貢献意識を高め

自社への誇りと企業一体感を高めるだけでなく

社会に対しても「社会貢献意識を持った企業」というイメージを浸透させます。

YELL COFFEEとは?

障がい者の皆さんの未来を支える

厚生労働省は2018年、体や心などに障害がある人の数が約936万6千人との推計を公表しました。同時に驚かされるこの労働賃金の低さ!心配になるのは「障がい者の皆さんの未来はどうなるの?」という現実です。

血縁者が元気で健在な間は援助をしてもらえますが、独りになったら・・・障がい者が自立して生きて行ける社会作りというのは現在社会が直面している大きな課題です。

障がい者の社会参加の機会と雇用を創出しその自立を支援する事業がこのYELL COFFEEプロジェクトです。


障がい者の皆さんが制作したドリップバッグでコーヒーを

障がい者の皆さんが作ったYELLコーヒーを企業に設置して頂き一杯100円で販売します。その売上は障がい者の皆さんに賃金として支払われます。

この事業が全国沢山のエリアで実働することによって、沢山の賃金が生まれ、障がい者雇用が生まれ、障がい者の未来が希望に満ちたものになります。

また「社会貢献したいと考えているのに方法がわからない」という企業のCSRのスタートとして…社会貢献イメージ構築にも大きな効果を発揮。今、多くの企業が注目、推進する国連サミットで採択された国際目標「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成を目指している企業にもなれます。


YELLコーヒー利用者様の声

■ 株式会社採用戦略研究所様

【広報ブログ】社内にYELL COFFEEを設置しました

■ 就労支援施設ピュア様

1杯の珈琲で障がい者の自立を応援しませんか?

■ ブルーウェーブ小禄バイパス様

YELL COFFEEを始めました!

ご贈答用にYELLコーヒー ギフトセットもご用意しています

「日頃の感謝の気持ち」+「社会に対する企業姿勢」を伝える。贈り物にYELL COFFEEをおすすめします。

社会貢献なコーヒー YELLコーヒー

オフィスでお楽しみいただくだけでなく

顧客や関連業者への贈答品として活用しませんか?

YELL コーヒーは上島珈琲さん監修の

「おいしいコーヒー」であるだけでなく

その背景に障がい者支援という社会貢献が存在します。

YELL コーヒーを受け取った方には御社の

『社会貢献意識』がさり気なく伝わります。

「どんな会社に見えるか?」というブランドが重視される今は

贈り物一つで企業イメージが好転したり、

逆にダメージを受けてしまうこともあります。


「何を贈るか?」も本当に大切なんです。